新製品開発

新製品事業推進部 髙橋大樹

新製品事業推進部 髙橋大樹 2010年入社 専攻:工学研究科

Q1.会社の雰囲気を教えて下さい。

 とにかく車好きな人が多い部署なので、普段の会話はもちろん、飲み会の場でも車の話でもちきりです。私自身も車が好きで、身近なところで趣味の話が共有できることは嬉しいことです。

Q2.仕事内容を教えて下さい。

 私の部署は新製品を開発しているところで、当社の既存の技術力を利用し、新たな製品を作っていくという仕事です。その中で私の担当は新合金の用途開発を行っています。私のチームは3名で構成されており、人数も非常に少なく、ひとりひとりの力が重要視される部署になります。

髙橋大樹
Q3.仕事をやる上でどういったところにやりがいを感じますか?

 お客様の要望に応えるために努力できることが私のやりがいです。私の部署で取り扱う製品は新製品のため、作れる物は無限大、つまりお客様を無限大に掴むことも可能です。その無限大のお客様から自分の作ったものが評価され、実際に製品になることは非常に嬉しく思います。

Q4.髙橋さんの考える「活躍できる人」とは?

 大事なことは2つあります。1つ目は、上手に話せてしっかり聞ける人です。特に私の部署では新製品を作るため、お客様もその製品について何もわからない状態から始まります。よって、上手く説明できる人でないと自分の製品の魅力を伝えられません。2つ目は、信頼関係を築ける人です。新たな取引は信頼関係あってのものです。良いものを作れたとしても、相手に信頼されなければ契約は成立しません。よって、上手く話せしっかり聞け相手との信頼関係を築けることがこの部署で活躍できる条件だと思います。

Q5.社会人と学生の違いを教えて下さい。

 コストを常に考えることです。私たちは給料を貰い働いています。私が働くことで給料としてコストが常にかかっています。つまり、決められた時間の中で仕事をこなしていく必要があります。学生時代は、自分の好きなように研究をしていました。徹夜して研究室にこもるようなこともありました。しかし、社会人はそうはいきません。限られた時間を有効に使えるように時間の管理は必要不可欠です。

Q6.休日、休暇の過ごし方を教えて下さい。

 私は車が好きなのでドライブに行ったり、自分で車の整備をしたりと車に時間を費やすことが多いです。また、車好きの同僚を集め、サーキットでドリフトをしたりと趣味を満喫しています。もちろん、普段は安全運転を心がけています。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

 何事にも常に本気で取り組んで下さい。それは自分自身の力になっていきます。学生時代、研究と車に没頭していたお陰で、知識はたくさんつきました。実際に社会人になり、人と話す話題作りにもなり、そしてそこから広がる交友関係もあります。本気で取り組んだことは自信にも繋がります。頑張って下さい。

髙橋大樹