• ENGLISH
  • CONTACT
  • SITEMAP
  • 新着情報

社長メッセージ

「変化に強いモノづくり」による企業価値の向上
~マーケティング & イノベーションによる100年企業の土台作り~

取締役社長 山本彰

 株主・投資家の皆様には日頃より、NPRグループに対して格別のご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。

 2018年度における我が国経済は、雇用・所得環境の改善等を背景に個人消費にも持ち直しが見られ、緩やかな回復基調で推移しました。また、世界経済におきましては、中国経済の減速等により力強さを欠きましたが、全体としては米国経済が堅調に推移する等、緩やかな成長が続きました。

 当グループが関連する自動車業界におきましては、新興国を主体とした海外市場での需要は堅調に推移したものの、中国等における需要が減少したことにより、世界の自動車生産台数は予想を下回る結果となりました。

 このような状況のなか、当グループは国内外自動車メーカーへの取引拡大等により、売上高は570億66百万円と前年同期比2.0%増となり、過去最高の売上高を更新することができました。

 損益面におきましては、増産や原価低減の効果等がありましたが、原材料高騰の影響等により、営業利益は34億20百万円と前年同期比12.1%減となりました。また、経常利益は為替差損の発生等により、33億63百万円と前年同期比19.7%減、親会社株主に帰属する当期純利益は18億88百万円と前年同期比17.4%減となりました。

 2019年度につきましては、全体としては緩やかな回復が見込まれているものの、引き続き中国経済の減速等による景気下振れリスクを抱えており、先行きは依然として不透明な状況が続くものと思われることから、為替円高影響等を見込み、売上高560億円、営業利益26億円、経常利益26億円、親会社株主に帰属する当期純利益16億円を予想しております。国内外での拡販や原価低減を推し進め、株主・投資家の皆様のご期待にお応えすべく引き続き努力してまいります。

 また、昨年4月にスタートさせた2020年度を最終年度とする第七次中期経営計画では『「変化に強いモノづくり」による企業価値の向上~マーケティング&イノベーションによる100年企業の土台作り~』を基本方針とし、以下の重点施策に取り組んでおります。

【目標値(2020年度)】

売上高 580億円以上   営業利益率 7.5%以上

【重点施策】

  • (1)国内外での技術提案型営業の強化
  • (2)革新的モノづくりの追究
  • (3)新製品開発の強化
  • (4)人材育成強化による「世界最高品質の追求」
  • (5)CSR活動の継続的推進

今後とも企業価値向上に努めてまいりますので、一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

取締役社長 山本彰
Yahoo! Finance
Bridge Salon
適時開示アラートメール

PAGE TOP