環境

環境方針

当グループは、次世代に恵まれた地球環境を引き継ぐことが、人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、企業活動と自然環境の調和を図るため下記事項を実施します。

  • 1.環境マネジメントシステムを構築し、本方針に基づいた環境目標を設定して、継続的改善により成果の向上に努めます。

  • 2.関連する法規制及びその他の要求事項を順守し、資源の効率的な使用促進により廃棄物の発生を抑制し、環境汚染の予防に努めます。

  • 3.高機能、高効率なクリーン化対策及び長寿命化対策部品の開発及び提供を促進し、地球環境に貢献することに努めます。

  • 4.地域住民との対話を大切にし、地域社会の一員として自覚と責任をもち、環境保護活動に努めます。

  • 5.本方針は、当社に関係して働く全ての人へ周知させ、環境教育、啓蒙活動を通じて環境・資源を大切にする風土づくりに努め、環境に対する意識向上を図ります。

環境マネジメントシステム

当グループでは、環境マネジメントシステムを構築し、人と地球にやさしい環境づくりを目指します。

  • ①3Rの推進 Reduce(発生抑制)・Reuse(再利用)・Recycle(再生)

  • ②廃棄物の削除

  • ③省エネルギー・省資源の推進

  • ④化学物質の適正管理

  • ⑤環境に配慮した製品開発、設計

省エネルギー・省資源への取り組み

国内・海外の製造拠点においてSSC(シンプル・スリム・コンパクト)をコンセプトにした「革新的生産ライン」の導入を進めています。サイクルタイムの短縮やセット加工(複数本数の同時加工)方法の確立による生産効率向上でエネルギー使用量の削減を図るとともに、ニアネットシェイプ化(素材を完成品に近い寸法にし加工取り代を減らすこと)や不良率の低減により資源消費量の節減も図っています。

日ピス岩手の革新的生産ライン (NIライン)

栃木工場、日ピス福島は、屋上に太陽光発電システムを設置しています。
太陽光による発電状況やCO2削減量は、エントランスホールに設置しているモニターで確認できるようになっています。
また、工場および本社オフィスにおける照明のLED化も進めています。

栃木工場のソーラーパネルとモニター

日ピス福島のソーラーパネルとモニター

地球環境に配慮した製品開発

現在、世界の自動車保有台数は、約13億台と言われています。
燃費20km/Lの自動車を前提にした場合、燃費を1%向上させると1,600万トン/年のCO2削減が図れることになります(当グループ試算)。
当グループは、「縁の下の力持ち」として、これからも燃費を向上させる製品開発を進め、世界の環境負荷低減のために精一杯貢献したいと考えています。

ピストンリング

ピストンリングは、ピストンに切り込まれた溝に組み込まれて使用される厚さ数ミリの薄い円環状の部品で、一般的なガソリン車では1stリング、2ndリング、オイルリングの3本を基本に構成されます。
ピストンとシリンダの隙間を埋めて燃焼ガスが漏れないようにしたり、ピストンが動きやすいように潤滑油をコントロールしたり、熱を逃して摩耗や焼き付きを抑えたりと、多くの機能が要求され、その開発・製造には、極めて高い技術力が必要です。
エンジンの燃費と耐久性の向上を目的とした表面処理は、PVD(Physical Vapor Deposition)が主流ですが、昨今、DLC(Diamond-like Carbon)皮膜を施したピストンリングが採用されています。DLCは極めて固い皮膜で自動車部品や機械部品、電子機器や工具刃等にコーティングされ、広く応用されています。
当社のDLCコーティング技術は、優れた自己潤滑性と耐摩耗性を兼ね備えた特殊なDLC皮膜をピストンリングの摺動部(シリンダと擦れ合う部分)にコーティングすることで、シリンダとの摩擦を低減し、エンジンの燃費改善を図ることで、CO2排出量の削減に貢献しています。
その他にも、ピストンリングの摺動面の形状を最適化することでオイル消費の低減や摩擦力の低減を図り、CO2排出量の削減に貢献しています。

バルブシート

バルブシートは、シリンダヘッドに装着される部品で、バルブが閉じる際に、非常に強い力で叩かれるため高い耐久性が求められます。また、燃焼ガスに直接さらされるバルブが接触するため耐熱性はもちろん、バルブが受けた熱をシリンダヘッド側に逃がす必要があるため熱伝導性にも優れていること、さらに燃焼ガスが漏れるのを防ぐ高い機密性も求められます。
当社は、優れた粉末冶金技術と材料技術により、FFV(Flexible-fuel Vehicle: ガソリンとメタノールやエタノールなど、1種類以上の燃料が混合して走行が出来るように設計された車両)、CNG(圧縮天然ガス)、LPG(液化石油ガス)等の代替燃料エンジンにおいても優れた性能を発揮するバルブシートを開発し、燃料のクリーン化に貢献しています。

カムシャフト

組立カムシャフトは、「カム」と言われるタマゴ型の部品を「シャフト(軸)」に通して組み合わせた部品です。
シャフト(軸)が回転することで、カムの突起部分がタペットやロッカーアームを動かしてバルブを開閉させます。
燃焼室のガスを吸排気する動弁機構の重要な部品です。
当社の組立式焼結カムシャフトは、他に類を見ない独自の製造技術で軽量化を実現したことに加え、耐久性の向上により高い燃料噴射圧のかかる直噴エンジンをサポートし、燃費の改善、CO2削減に貢献しています。

ISO14001認証取得状況

当グループは、国際規格であるISO14001に準拠した環境マネジメントシステムを構築し、継続的に環境活動に取り組んでいます。

事業所 取得年月※
本社 2000年12月
栃木工場 2000年12月
日ピス岩手 2000年12月
日ピス福島 2000年12月
NPR of America, Inc. ケンタッキー事務所 2010年11月
NPR of America, Inc. ミシガン事務所 2011年8月
NPR Auto Parts Manufacturing (Yizheng) Co., Ltd. 2013年4月
NPR ASIMCO Powdered Metals Manufacturing (Yizheng) Co., Ltd. 2017年7月
PT.NT Piston Ring Indonesia 2007年6月
PT.NPR Manufacturing Indonesia 2018年1月
SIAM NPR Co., Ltd. 2004年4月
NPR Auto Parts Manufacturing India Pvt. Ltd. 2018年6月

※取得年月は、初回の登録年月

PAGE TOP