国内営業

東京営業部 澤田泰宏

東京営業部 澤田泰宏 2008年入社 専攻:法学部企業法学科

Q1.会社の雰囲気を教えて下さい。

 雰囲気が良い会社です。役員や他部署の部門長とも話す機会がありますが、入社6年目の若輩者の話に耳を傾けてもらえますし、伝えやすい雰囲気を作ってくれるので、風通しの良さを感じます。
 また担当するお客様は違っても、相談すればアドバイスをくれる先輩たちばかりで不安なく仕事へ取り組めます。

Q2.仕事内容を教えて下さい。

 入社後、3工場を2ヵ月ずつ半年間の研修を経て、東京営業部へと配属されました。仕事内容は、納期や売上の管理、お客様のニーズを聞きだし会社全体へ展開し売上につなげていきます。

澤田泰宏
Q3.仕事をやる上でどういったところにやりがいを感じますか?

 やりがいとは少しニュアンスが違ってきますが、上司・先輩に「澤田頑張ってるな!」「大丈夫か?」などと声をかけていただくことで、仕事をやってて良かったと思います。あとは、営業部門特有の雰囲気かもしれませんが元気な方が多いです。そのような方々と働いていることで仕事のモチベーションも維持できます。

Q4.澤田さんの考える「活躍できる人」とは?

 営業だけに限らないですが、明るくて前向きな人です。難しい仕事もありますが、相談できる良き先輩方や頼りになる上司がいますので苦しい時もめげないチャレンジ精神を持っていれば営業はやっていけると思います。また、メリハリがあることも必要です。やるときはやる。休む時はしっかり休むと、仕事のオンとオフの切り替えが大切だと考えています。

Q5.社会人と学生の違いを教えて下さい。

 社会人になることで、関わる人の年代の幅は大きく変わると私は思います。学生の時と違い、いろんな年代の方とお話しする機会がたくさんあります。そこで色々な知識や考えが吸収できるということは学生にはなかなかない機会かと思います。

Q6.休日、休暇の過ごし方を教えて下さい。

 年に数度ですが部の有志数人でゴルフへ行き親睦を深めています。上達しませんが、皆で汗をかいて楽しんだ後の風呂は良いリフレッシュになります。
 また普段は2歳になった娘と公園へ遊びに出かけたりなど育児を楽しんでいます。走れるようになったり、すべり台をすべれるようになったりと娘の成長が私自身の仕事へのやる気と元気の源となっています。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

 「遊べるだけ遊んでおけ!」これだけです。社会人になれば、やりたいことが出来ない状況が生まれるのは事実です。学生の時にはできなかった事ができるようにもなりますが。学生のうちに出来ることは全部やって、悔いのない学生生活を過ごしてください!

澤田泰宏